ページトップへ

入園希望の皆様へ 詳細

2021-03-24

満3歳ご入園からの無償化について(ご家庭によっては保育園利用よりグンとお安くご入園いただけます)

国の政策による無償化により、当園のバスにも乗れる満3歳・3歳の納付保育額は毎月10000円(年中年長は毎月6000円)となりました。詳細は下記をご覧ください。納付いただく額には、英語体操絵画ダンスの正課保育料・知能教育や絵画の教材費・保育補助員・バス代・給食(昼食と呼んでいます)費などがすべて含まれています。(通園バス代は年一回の6000円だけ、曜日などで乗り換え希望で2台押さえたい方は12000円/年、色々別のコースに乗り換えたい方は都度500円です)是非、保育内容の充実した当園の個性を大切にして、やる気のでる「ほめて育てる&適期早期教育」の保育をご体験して、自信をもって小学校へいっていただきたいです!!

«幼児教育・保育無償化の詳細» 

*満3歳からのご入園は保育園の2歳の学年に当たりますが、幼稚園では無償化の対象となりますのでご家庭によってはぐっとお得な価格でご入園いただけます。是非、ご検討ください。

*無償化については、国による幼児教育・保育の無償化を受けるにあたっては認定手続きの申請が必要です。詳しくは、入園手続き後にお知らせします。

保育料

•            全世帯が対象。

•            無償化の対象となる「保育料」とは、保育料および入園料です。

•            実費徴収される行事費、教材費、給食費、バス代等は対象外です。

•            無償化の給付は、月額上限25,700円です。

•            月額上限を超える差額は、園に支払う必要があります。

 預かり保育利用料

•  年長、年中、年少児の世帯は、就労等で「保育の必要性」がある旨を園を通じて各自治体へ認定申請を行い、認定を受けた子どもが対象です。無償化の給付は日額上限450円、月額上限11,300円です。

•  満3歳児の世帯は、就労等で「保育の必要性」があると認定を受け、かつ住民税非課税世帯の子どもが対象です。無償化の給付は日額上限450円、月額上限16,300円です。

•  利用料は園の請求に基づき一旦園に支払い、その後、毎月園を通じて無償化分を自治体へ請求していただきます。年度末等に直接保護者へ償還(市町村により方法が異なります)します。

•  無償化給付の計算は、日額上限(450円)×日数で実施されます。

副食費

•対象決定は、住民基本台帳・課税台帳の情報を確認したうえで実施されます。

•無償化の給付は、月額上限4,500円です。

•月額上限を超える差額は、園に支払う必要があります。

•食費のうち主食(米、パン、麺類)以外の物が対象です。

※詳細は、各市町村のホームページをご覧ください。

記事一覧