ページトップへ

情報公開について

監査報告書(平成29年度)

学校法人 大阪聖心学院
理事会・評議員会 御中

私たちは、学校法人大阪聖心学院の監事として、私立学校法第37条第3項及び寄附行為第16条に基づいて同学院の平成28年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)における業務及び財産の状況について、理事会その他重要会議に出席するほか、理事長から学校運営の報告を聴取し、重要書類を閲覧し、会計監査人から報告説明を受け、事業報告書及び計算書類等を調査いたしました。
監査の結果、私たちは、同学院の業務及び財産の状況に関して不正の行為又は法令若しくは寄附行為に違反する重大な事実は認められませんでした。
また、財務に関する計算書類は学校法人会計基準に準拠しており、学校法人大阪聖心学院の平成29年3月31日現在の財務状態及び同日をもって終了する会計年度の経営状況を適正に表示しているものと認めます。

平成29年5月26日
学校法人 大阪聖心学院  監事 田中哲夫 監事 山崎陽三

(注)監事 山崎陽三 及び 監事 田中哲夫 とも私立学校法第38条第5項に定める外部監事であります。

事業報告(平成29年度)
平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

法人の概要

名称 学校法人 大阪聖心学院(昭和30年12月16日法人設立)
代表者 理事長 小林都代
住所 大阪府松原市一津屋6丁目12番5号
電話 072-336-9981
FAX 072-337-1021
設置する学校 星の光幼稚園(松原市一津屋6丁目12番5号)
新森幼稚園(大阪市旭区新森3丁目3番35号)
役員 理事 5名、監事 2名
評議員 11名
理事会 年2回開催
評議員会 年2回開催
職員 67名(星の光幼稚園 47名、新森幼稚園 20名)

事業の概要 <星の光幼稚園>

教育方針

物事を自ら考え創意工夫する力、心身のバランス、やさしい心を柱とする。

教育内容
  • 毎朝、お外に出て体操を行い、園庭で元気に遊び、お部屋の中では絵本を読んだり、製作をしたり、椅子にもしっかり座って保育します。子供ひとり一人の個性と能力を引き出すために年少組から全員ギルフォード式の英才教育を行い実績を上げています。遊びの中で楽しく学んでいく保育です。
  • 温水プールを借りて年中プール指導を行い体力の増強に効果を上げています。また、特設保育という特別講師を迎えての普通保育時間内の選択コース制保育を取り入れ、子供たちの意欲の向上に成果を上げています。(お茶、そろばん、剣道、美術、鼓笛隊、日本太鼓、パソコン、進学)*すべて無料
  • 特設鼓笛隊が、西日本幼児器楽合奏大会(第40回記念大会)に初参加し、優秀な 成績を収めました。
保育時間

月~金曜日 午前10時00分~午後2時20分

納付金
保育料(3歳児) 年額276,000円(12分割均等納付)
保育料(4・5歳児) 年額228,000円(12分割均等納付)
教材費 毎月 5,500円
バス後援会費 毎月 5,000円
冷暖房費 年額 4,000円
入園児の費用
入園料(3歳児) 65,000円
入園料(4・5歳児) 55,000円
入園検定料 2,000円
早期保育

午前7時から

預かり保育

月~金曜日 午後2時~午後4時30分、夕焼け保育 午後5時~午後6時
夏期休業中を実施予定 午前9時30分~午後3時30分

行事

春の遠足、日曜参観、青空遊び、プール、お泊り保育、音楽会、盆踊り、敬老参観、秋の遠足、運動会、お店屋さんごっこ、社会見学、お遊戯会、クリスマス会、おもちつき、展覧会、消防クラブパレード

施設設備関係(園地面積 8295㎡、運動場 3481.2㎡)

園舎の改築に伴う追加工事、外構・フェンス等工事を実施。

保育室家具、大型プリンター、キーボード、園児用椅子、ままごとキッチン等を取得。
スクールバス2台入替購入及び1台バンビバスとの買替。

事業報告

平成29年度の事業は、保護者の協力を得て役職員の真摯な努力により、着実に運営することができた。
次年度繰越支払資金は、施設・設備関係支出等があったため前年度繰越支払資金を 下回っている。



自己評価(平成29年度)

星の光幼稚園 自己評価について
平成29年度
1. Plan(計画)

本年度の重点目標は小学校への接続を意識したアクティブラーニングの取り組みの総括の年となるので、総仕上げとして遊びの中で学びが達成できるピラミーデ方式の具体的カリキュラムを計画し、作成した。また、表現力を高め、保育者の指導力を高めるための研修も計画した。

2. Do(実行)

1の計画に沿って、カリキュラムを実行した。 具体的には、園長教員の共通理解を深める検討会を何度も行いカリキュラムを 作成した。 5領域の補完として、実際のもの、具体物、具体的事象を使ったプロジェクト教育 を準備し、園児の個性や才能を伸ばし、幼いながらも社会にも目を向ける教育を 行い、地域や専門家の協力も得て、実施した。子育て支援としての講演会も数多 く実施した。 新園舎のパーテーション式教室をフル活用し、カリキュラムによって活動に合わ せた広さや合同などの工夫もおこなった。

3. Check(評価)

カリキュラムの実施に伴い、自信と意欲を高められたため、幼児自 身の積極的な発言や行動、自己肯定感を高める発言、新しいことにチャレンジする 力が例年以上に高くなった。また、保育者も研究保育を積み重ね、保育力を向上さ せることができた。

目に見える賞などとしては、書道展での文部科学大臣賞受賞や 世界児童画展の特別賞入賞の他、団体賞で大阪府知事賞を受賞するなど特に絵 画面で特に目覚ましい進展がみられたことがあげられる。その保育力を地域の子 育て支援にも提供できた。 よって評価はAとした。

4. Act(改善)

実施が計画に沿っていない部分を調べて改善をする。 満三歳児の教室を初めて開設したが、必ずしもアクティブラーニングで芳しい成果 が出たとは言えない。初年度であったので、この反省を次年度のカリキュラムに活 かしていきたい。また、他の学年も単に準備された教材や遊びに頼らない、自発を 重視したアクティブラーニング(ピラミーデ)を検討課題としたいと考える。


平成29年度 教育目標と研究保育今後の課題
平成29年度 学校評価  自己評価公表シート

■本園の教育目標

『明るく、健康で、心身共にたくましく、自主的に且つ創意工夫する人間味豊かな人間像を目指し、幼児(初歩)の育成に当たる。』

1.本園では、教育方針として下記の項目を掲げています
  • 美しい情操、豊かな感情を養う。
  • 保育の全領域に心身の発達に即した思考教育を取り入れ、知的開発を行う。
  • 集団生活の中で、仲良く助け合える協調性を養う。
  • 一人一人の個性を大切にし、いつの時代にも柔軟に対応できる子を育てる。
2.本年度の重点課題(学校評価の具体的な目標や計画)

(1)小学校以上でのアクティブラーニングへの取り組みが文部科学省から指示される中で、幼稚園児として小学校へつながる教育に重点を置き、アクティブラーニングを取り入れているが、本年度は3年目となり、取り組み方の完成の時期となるので、より具体的な方策を考えて、子どもたちが楽しみながら学びを知らないうちにできる方法を検討する。
(2)表現力を高める教育に本年度も重点を置き、個性を育て、自尊心を高める指導をおこない、表現の根源となる感性を磨き、相手も尊重できる心を育てる。
(3)園内研修を引き続き実施して、ピラミーデやSI知能教育の他、陶芸やラQの専門家による指導を体験して、保育能力を高める

3.評価項目の達成及び取り組み状況

(1)教育目標・教育方針
園の教育目標、方針、理念は幼児にあったものであり、園長教員との共通理解のもとで共有できている。

評価結果A

(2)教育課程・指導計画
教育目標を反映したものであり、園児の個性や才能を大切にして、その都度、修正しながら実施することができている。

評価結果A

(3)教育環境
新園舎のパーテーション式の教室をフル活用して、教材の内容や活動に合わせてより広い空間で保育が行えている。

評価結果A

(4)教育内容・方法
昨年に引き続き、作品を評価されることで喜びを感じる機会を多く体験する中で自己肯定感を育むことができた。

評価結果A

(5)教員の役割と資質の向上
ピラミーデ保育のみならず、すべての保育において、子ども理解とそれを中心とした保育研究が最重要ポイントと理解し、教員自身の知識と保育力の向上を図ることができた。

評価結果A

(6)子育て支援
未就園児の活動として、英語体験や体操体験、絵本の読み聞かせなどの専門家による指導を無料で提供し、好評を得た。

評価結果A

(7)地域との連携
本年度も松原市幼年消防クラブ員として年長児火パレードの際には年長児保護者のほぼ全員が参加して、地域の防火啓発活動に協力した。

評価結果A

4.学校評価委員評価

(1)ギルフォード SI 教育協会代表理事 白濱先生「様々な知能因子をよく理解し、切磋琢磨する姿勢は大変評価できます。園児の意欲を高めることを中心によく努力できています。」
(2)父母の会A様(皆様からのメッセージご参照)
(3)その他

総合評価と反省
今年度も、各クラス担任が様々な領域で研究を重ね、研鑽を積んでまいりました。
研究内容は、文科省の5領域に加えて、ピラミーデを中心に、知能を自らの手で触って確かめ、試行錯誤を楽しみながら学びへとつなげる遊びをたくさん考案し、実践しました。
専門家の方々のご指導を今年も仰ぐことができました。
絵画では、世界児童画展審査員の鈴石先生をはじめ、二科展・井上 裕義先生、大阪芸術大学・田中建司先生、星の子アートクラブの今川先生など多くの先生方に指導を仰ぎました。
昆虫では、幼稚園に来る虫の絵本も監修していただいた、高槻市立自然博物館 あくあぴあ 芥川などでご活動の、中谷憲一先生に子供たちの指導に必要かつさらに詳しい質問にもすぐに答えらえれるようなDNA分類のお話などもご指導いただきました。

5.次年度への課題

園児の自発性をより高めるアクティブラーニングの充実と、本年度はじめて実施した満三歳保育のより一層の充実を図ります。

近年、世界で一番幸福であると感じるオランダの子供達に実施されているピラミッドメソッドを取り入れているがこの内容をより楽しく深く研究する必要があります。
SI遊びによる思考能力の中でも、今後特に重要になる拡散試行的な課題をより深めていきたいと考えています。
満三歳児保育は、まだ試行錯誤の段階であるが、2歳児の教室に来て慣れている以外のお子様にも楽しく参加してもらえるような工夫をしていきたい。

6.学校関係者評価

(1) 白濱洋征 年初より計画的に思考教育についての研究に取り組み、年々変わる子供 達の様子にも対応できるよう日々努力されています。知能教育以外の場面でも、よく子ど もたちの個性を把握し、個性を伸ばす努力をされています。
(2) A氏 下記皆様からのメッセージ参照

7.財務状況(別紙監査報告書をご覧ください)

公認会計士監査により、適正に運営されていると認められている。



皆様からのメッセージ紹介